ブーケのリメイクとは 結婚式後のブーケ保存方法と種類、価格について

結婚式で使ったブーケを、ずっと飾りたい、きれいに保存したい。 

 

と願う花嫁花婿の皆様へ、

ここでは、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーで作られたウェディングブーケを、リメイクする方法をご紹介します。

 

1 ウェディングブーケのリメイクとは

プリザーブドフラワーやアーティフィシャル(造花)のウェディングブーケのリメイクは、生花にくらべて、とても簡単です。(生花については文末に後述します*1)

基本はまずブーケを一輪ずつに戻してから、作りたいフレームの大きさにあわせてスポンジに差していく、あるいはグルーガンで接着していくという作業になります。

 

 

たとえばこのプリザーブドのキャスケードブーケ、

このままだと大きくてしばらくすると埃が目立ってきてしまいます。そこで、

 

花時計やフレームに加工。

こうすると長く身近に飾れます。

 

2 ブーケリメイク方法(自分で作る/依頼する)

 ブーケリメイクは、一会でもお請けしていますが、ご自分でもレッスンにいらして加工することができます。

プリザーブドやアーティフィシャル(造花)ブーケのリメイクは、生花にくらべて(*1)、とても簡単なので、レッスンに参加してご自分での作業もおすすめです。お値段もとてもリーズナブルにできます。

遠方で、ブーケレッスンへの参加が難しい方にはキットをお送りして、オンラインレッスンの参加も可能です。

レッスンは、リクエストに応じて、月一度程度、主に日曜に開催しています。どうぞご都合良い日をリクエストください。(言われないと働かないタイプ。)

直近のスケジュールはこちらページ一番下にカレンダーがあります。 

 

レッスン料はおひとり2200円➕フレームなどの実費になります。

なお一会のブーケをお持ちくださった新郎新婦さんは、レッスン料50%オフサービスをしています。ブーケを直接ご持参して、そのままお持ち帰りいただければ、送料もかかりません。

(荷物がたくさんになった場合などは、もちろん発送も可能です。)

 

一会に依頼くださる場合は、 

*各資材(フレームなど)に加え、

*手数料(敷き詰めタイプ4000円〜 ブーケの形を再現するタイプ7000円〜)と、

*往復の送料 

 が必要です。

 

たとえばフレームとドーム、リースの3点をお作りすると

28000〜35000円程度です。

https://ichie.raku-uru.jp/item-detail/1659490 

3 ブーケリメイクのタイプ(種類)と数

ひとつのブーケを、大きな額にリメイクすることもできますし、小分けにしていろいろなインテリア小物に作り替えることもできます。

 

やや大きめフレームにご自身で敷き詰めてフレームにリメイク

フレーム代6000〜8000円程度/手数料(敷き詰め)5000円

 

 

大きめサイズのフレームに、

ブーケとブートニアを再現するようにご自身で加工、余ったお花はフォトフレームに。

大きめサイズ7000〜10000円程度/手数料(ブーケ仕立て)10000円

フォトフレーム4000〜5000円程度/手数料4000円

!ご注意(裏が透明なタイプは、裏面から見ると接着剤が見えるので、あくまで片面で飾る用途向きです)

ブーケ保存加工 立体保存

裏が透けていないタイプだとこちらです。

ちなみにフレームが大きめのほうが作業がしやすく、初心者さんにはおすすめです。小さいほうが難しいです。

たとえばこのプリザーブドフラワーのブーケを、

ブーケリメイク ブーケ保存加工 ブーケ立体保存

25センチ程度のフレームに収めるばあいには、

バラの花そのものの高さを、いったん低く切り詰め直すといった、

別の下準備が必要になります。

そのため手数料も少しお高めです。

フレーム5000円程度/手数料(ブーケ仕立て)8000円。

 

 

 

逆に、花がすべてアーティフィシャルフラワー(造花)なら加工は簡単です。このブーケは、花嫁様ご自身の手作りです。

 

花嫁様ご自身で、ミニブーケと、リースと、写真立ての3つにリメイクされました。

また造花であれば比較的ほこりを気にせずすむので、

ミニブーケやリースにも向いています。

資材費500〜1000円程度/手数料リース4000〜ミニブーケ8000円程度。

 

ブーケがプリザーブドフラワーの場合には、湿気と埃にやや弱いため、アクリルやガラスが付いているもののほうがお勧めです。

花時計 5000円程度/手数料4000円程度。

 

じゃあいったい、ひとつのブーケからどのくらいできるのかというと、

一会のブーケは、とてもたくさんの花を使っているので、1個のブーケからこのくらいは作れます。(ドヤ)

  

この方は、小さなフレームを3つ作って、ご両家と御姉妹へ贈られました。

そういうのも素敵ですね。

ミニフレームひとつ3000〜5000円程度/手数料3点で9000円程度。

 

  

異常にブログ記事が長くなっておりますが(またか)、最後にもうひとつ事例を。 

 

結婚式から数年経ってから、実は・・・と依頼される場合もあります。

これは3年前の挙式でお使いになったプリザーブドブーケ。

バラの形が若干ぶつかったりしたようで少し崩れていますが、そのまま保管しても、まだきれいです。

が、リメイクするにはそろそろギリギリなタイミングでした。持ってきてくださってよかった〜☺️

 

  

 

 

 

 きれいな花を選んで、ミニドームに仕立てました。

ドーム5000円〜7000円/手数料ドーム仕立て8000円程度

同じくお色直しブーケは、やや、全体にくすみカラーのバラの色褪せがすすんでいます。

きれいな色のバラを取り出して、フレームに加工。

最後に残ったバラで形のよいものをリースにしました。

フレーム4500円/手数料4000円、リース一式手数料3000円。

 

 

*フレームの欠品や廃盤、価格の上昇が頻繁なため、都度お問合せいただけると安心です。

*価格はすべて税別表記です。

 

4 生花のリメイク(ブーケ保存)アフターブーケ加工について

生花のブーケ保存については、別途、専門の業者さんに依頼する形になります。40000円〜80000円程度、一番高いものだと100000円前後です。

一会の花嫁様ブーケ割引で、こちらの押し花&立体保存加工を15%オフでご利用可能です。

 

 

押し花の場合と、

 

 

立体保存の場合。

 

 業者さんは、カナックスさんとぶるーむさんと提携しています。

 

 立体保存ができるのは、カナックスさんの「ドライフラワー」シリーズになります。

 どちらもなかなかいいお値段なので、一週間前までにお申し込みいただけたら、勝手に一会割引き適用で15%オフにしています。

以上、ご不明な点があれば、なんなりとまた遠慮なくお問い合わせください。

 では今日もお疲れ様でした。

 

NEXT