一花


2018年6月、

すでに暑さの厳しさに呆然。

紺屋の、というように、自分は

自宅などにぜんぜん花を飾らないインチキ花屋だったのですけど、

昨年来は、時々仏前に花を供えるようになりました。

で、この暑さの、花のもたなさったら。

コップくらいの長さにして、

延命剤をいれるとややマシ。

ご両親への贈呈用花束などになると、

見栄えとしてもある程度の丈の長さも必要で、

なかなか長い花を短くは切りにくいもの。

みなさま、長いまま飾ってくださってるんじゃないかなあ。

でも、できれば少し、

やや思い切って短めにしてくださったほうが

やはり長持ちさせやすいかと思われます。

また、皆様から送っていただく写真を見ていると

花に対して花瓶が小さいように思うことがあります。

入りきれないときはざくっと小分けにしていただいて・・・

という記事を書けばいいのか。そっか。

しかし今日は寝ます。

みなさま本当におつかれさまでした。

夏椿(なつつばき)一花一花の風白し言葉尽くせば汚れゆくかも 竹内由枝


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square