ブーケの形 ラウンドとクラッチブーケの違い、ティアドロップからセミキャスケードまで

ブーケにはいろいろな形があります。

基本のラウンドブーケ。

手元でころんとした丸い形。

比較的どんなドレスにも似合います。

そしてこちらはクラッチブーケ。

丸いところはラウンドブーケと似ていますが、

茎を束ねたブーケです。

横から見るとこんな感じ。

クラッチブーケ 春の草花

ナチュラルな雰囲気が持ち味で、

草花や摘んできた感じを出しやすい。

クラッチブーケ シャクヤクとライラック

あまりカジュアルにしたくないというときは、

花の種類を選ぶと、大人っぽい雰囲気にもできます。

外国のウェディングのブーケのイメージはだいたいこちら。

ティアドロップ 鈴蘭のブーケ

そしてこのように、丸い形から少し下に長くなった形のブーケを、

ティアドロップブーケと呼びます。 (スズランブーケ、綱町三井倶楽部様)

ティアドロップブーケ 春、バラとスズラン 白とピンク

横から見るとこんな感じです

ほんの少し、垂れ下がる形が、

まるで幸せの涙のしずくのようだ。

というのがティアドロップブーケの名前の由来。

そしてセミキャスケード、

セミキャスケードブーケ 白と緑 春の小花とバラで

キャスケードブーケ 椿山荘 色直しブーケは旦那様の手作り